かげむし堂

音楽と、音楽家と、音楽をめぐる物語について。

フェルディナント・リース

【連載】春秋社PR誌『春秋』2017年11月号「フェルディナント・リース物語」第2話掲載

春秋社さん刊行のPR誌『春秋』にて連載中の「フェルディナント・リース物語」、第2話が2017年11月号(No.593)に掲載されました。

【連載】春秋社PR誌『春秋』2017年10月号「フェルディナント・リース物語」第1話掲載

春秋社さん刊行のPR誌『春秋』にて、「フェルディナント・リース物語」の連載がスタートしました。4ページ×全6回(予定)で、私が数年前より追いかけている音楽家、フェルディナント・リースの人生を辿ります。 第1話掲載の2017年10月号(No.592)では、彼が…

「鈴木秀美ベートーヴェンを弾くⅡ」@パルテノン多摩感想~ベートーヴェンは偉大だが、大は小を兼ねるわけではない(2016.10.15)

「鈴木秀美 ベートーヴェンを弾くⅡ」に来ました。あああー!リース!!!!会いに来たよ!!!!←? pic.twitter.com/aE0ZUJqnpG— かげむし (@kage_mushi) 2016年10月15日 ……こうツイートしたときは「会いに来たよ」ってのはむろん冗談でしたが。 「ヤバい……

ベートーヴェン家の父 (短編小説)

1792年、ボン。酔いどれベートーヴェンパパの一人称短編小説。 登場人物:ベートーヴェン家の人々(父ヨハン、ルートヴィヒ、弟カスパルとヨハン)/リース家の人々(父フランツ・アントン/フェルディナント)

wikipedia日本語項目「フェルディナント・リース」を大幅加筆

wikipedia日本語項目「フェルディナント・リース」を大幅加筆しました。(執筆者名:Kage mushi) フェルディナント・リース - Wikipedia リースは独語wikipediaがきちんとしてる&リース協会が英独で情報を提供していますし、語学堪能な方はそちらをお読み頂…

Die Sonate(短編小説)

1829年11月26-27日頃、コブレンツ。ヴェーゲラーの一人称短編小説。チェルニーとリースが互いに献呈しあったソナタ、そしてリースの娘の死をめぐって。 登場人物:フランツ・ゲルハルト・ヴェーゲラー/フェルディナント・リース/カール・チェルニー 登場曲…

ヴェーゲラーへの追伸(短編小説)

1837年、フランクフルト&パリ&アーヘン。音楽家フェルディナント・リースのもとに、死んだはずの師・ベートーヴェンが天使となって訪ねてきた…!? 登場人物:フェルディナント・リース/ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(天使?)/リース家の人々…

<